読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄奮戦記

スタジオの日常 沖縄のこと

f:id:Koooojin:20161110123343j:plain

 

約一週間分の仕事を前倒して寝ずにやる。香川に戻ってきて4日。予定通りの仕事を終えたら、荷物を作ってまた撮影の旅に出る。これが今月のライフスタイル。それがいいのか悪いのか性に合ってる。

 

ブレーカーを降ろしていても 基本料金はかかるんだなぁ〜・・・378円。たった378円滞納で電気が止められてた沖縄事務所。せっかく42型テレビ送ったのに(前ブログ記事参照)真っ暗。夜も遅いのにオスプレイは着陸準備してる。

 

ボイラーも動いてないと、暗闇のシャワーも冷たい水しか出ない。「沖縄の人は水でシャワーを浴びる」とガス屋のおにーちゃんが言ってたけど絶対ウソやわ。無理やわ。水は。

 

夜はクーラーはいらない。真っ暗で静かな夜は地元香川でもそうそう味わえない。部屋を通り抜ける風が心地いい。秋の香りを運んでくる。

 

事務所の徒歩圏内にはカフェや食堂、カラオケ。吉野屋、スーパーにコンビニ、スコーン屋さんに郵便局、花屋さん 何でもある。裏には高校があって、朝は「にわとり」が起こしてくれる。昼は「チャイム」が時間を教えてくれる。

 

食堂に行くと「汁」というメニューがある。「汁」とだけ書いてあるメニューをみなさんは注文するだろうか?味噌汁?豚汁天津飯についてくるスープみたいなもの??

 

野菜がいっぱい入った味噌汁とご飯がでてくる。「汁」。紛れもなくメインメニューなのです。でも実は意外と美味い。いや、本気で。

 

翌日、窓口に電気料金を払いに行く。朝9時ピッタリ。「地震が起こり津波が来るという設定で今から避難訓練を開始します!」と課長みたいな人が言って 館内放送が始まった。「地震です!地震です!すみやかに避難してください!!」サイレンまで鳴り出した・・・

 

トイレに行った相方は今頃・・・

 

去年、岡山の郵便局でお金降ろしてたら後ろの方で「金をだせ!!」と大きな声で叫んでいて、女性の悲鳴が聞こえてて「マジで?マジで?何?何?」って焦っていたら、横の女性が「安心してくださいコレは訓練です」と教えてくれたことがあった。。

 

一般のお客さんが居ない時間帯でやればいいのに!!って思ったけど、どうも訓練に縁があるね。僕は。

 

モンゴル800主催の大きな音楽フェスがある日に僕らは香川を目指した。空港にはギターを抱え服装からして明らかにミュージシャン達がいた。 窓の向こうで女性が別れを惜しんで泣いている。女性はどう見ても沖縄の人っぽい。

 

「おいおい・・現地妻かよ」どこの世界にも業界にもやっぱりこういう「オトナノ世界」はあるんだなぁ〜と 相手の男性の顔をみたら・・・

 

その女性の3倍くらい号泣してた・・・ヒックヒック言いながら。。。

 

「居たらいいじゃん?もうしばらく居たらいいさぁ〜??」そう心の中で僕はつぶやいた。

 

旅は本当に面白い。
さて、今月2回目の沖縄に。チャオ!

 

 

f:id:Koooojin:20161110015048j:plain

------------------------------------------------

KOJI MIZUGUCHI:みずぐち こうじ

四国 香川県 宇多津町  Photo studio DD 
香川県綾歌郡宇多津町浜二番丁20-2   hello@dd-japan.com

TEL 0877-56-7770